注目

最初のブログ投稿

これは投稿の抜粋です。

ボランティアに関することを伝えていく予定です。

ボランティア活動センターはボランティア活動に関する総合窓口となります。情報の発信、活動の拠点など様々な機能がありボランティアをしたい人としてほしい人をつなげる働き(コーディネート)を行っています。

 

青少年ボランティアスクールについて

市内在住の小学5年生、6年生を対象に、様々な福祉体験や高齢者や障害者との交流体験を通じ、当事者の理解を深めるとともに、ボランティアの関心を高めることを目的として実施しています。

昨年度は、ブラインド/ロービジョンサッカー、手話体験学習、盲導犬を知ろうを行いました。

ブランド/ロービジョンサッカー体験の様子                CIMG4565

手話体験学習の様子

CIMG4864.JPG

盲導犬を知ろうの様子

CIMG5115

以前の青少年ボランティアスクールの様子

http://www.hitachinaka-syakyo.or.jp/V/vschool/vschool.html

今年度の青少年ボランティアスクール日程表

http://www.hitachinaka-syakyo.or.jp/V/vschool/29vshool.pdf

ボランティア通信について

ボランティア通信は、ひたちなか市ボランティア活動センターの発行する広報紙です。
月一回発行しておりボランティアに関する情報を掲載しています。
・ボランティア募集情報
・講座の開催案内
・助成金情報
・ボランティア活動センター登録グループの活動・イベントの案内
・ボランティア連絡協議会の活動情報
・その他

参照 http://www.hitachinaka-syakyo.or.jp/V/tsusin/tsusin.html

ひたちなか市ボランティア活動センターについて

ボランティア活動センターには82の団体と約120人の個人ボランティアが登録しています。

ボランティア活動センターはボランティア活動を支援する様々な事業を行っています。例えばボランティアの各種保険の取り扱いです。個人で加入するボランティア活動保険、ボランティアグループの行事の時に加入するボランティア行事保険などを扱っています。また、ボランティア活動センターに加入している団体、個人はボランティア活動センターで一括して保険に加入しています。

CIMG7831

ボランティア行事保険について

ボランティアグループが行う行事を補償します。参加者のケガや開催地までの往復時のケガも対象となります。熱中症も保証します。行事保険は行事ごとに加入する単発的な保険となります。

CIMG7834

ボランティア活動保険について

ボランティアグループの方や個人ボランティアが加入する保険となります。補償期間が加入した翌日から平成30年3月31日までとなります。行事保険と違いボランティア自身が被保険者となります。天災A,天災Bとあるように災害時には必ず加入してから活動を行うようにお願いしています。

CIMG7838

ボランティア活動センターに登録している団体、個人に対して加入している保険です。ボランティア個人に対しての補償となります。

以上簡単に保険の説明をしましたが、加入には条件があります。詳細はボランティア活動センターまでお問い合わせください。

参照 ふくしの保険